壊れた!と思った時に慌てずに対応すべきこと

スマホを修理に出す前の注意ポイント

スマホを修理に出す場合、注意点がいくつかあります。
スマホは種類も多数存在し、契約内容や使用しているアプリなどは個々によって異なります。
全員に当てはまるものから、忘れがちなものまで一覧で紹介しますので、修理に出す際は、漏れのないよう準備しましょう。
1データのバックアップ(操作できる場合)
これは全員必須の項目で、スマホに限らず携帯電話は、連絡を取る手段として所持している方がほとんどですので、相手の連絡先はこまめにバックアップを取り、万一に備え、保存しておきましょう。
2LINEで電話番号やアドレスを登録
事前に登録しデータ保存をしておくと、トーク内容も引継ぐことができます。
3Twitter、FacebookなどのIDとパスワードを控えておく
IDとパスワードがわかれば、携帯が変わっても、別の端末ですぐに使用が可能です。
その他にも、おサイフケータイを使用している方は、データを預けておくことも必要です。

避けた方がいい悪質修理業者

もしも、スマホを修理に出さなければならなくなった時、何を優先しますか?
時間がかからない、低コストはもちろん優先したいところです。
しかし、そこにも注意点があります。
修理代金が安すぎる店は、使用している部品が脆いなど質があまり良くない事があります。
良い部品は、ある程度の費用もかかりますので、あまりにも安すぎるところは注意しましょう。
また、修理代として安値を提示しているところもありますが、実際は修理代とは別に作業代を請求してくる業者もあります。
後から高額請求される事のないよう、事前にしっかりリサーチしておきましょう。
数店舗構えているところは、比較的安心できると思いますが、データ流出などの観点からも、個人店舗は信頼できるかしっかりと見極めが必要でしょう。