現代人に欠かせないアイテムのスマホが故障してしまったら…

スマホ修理の内容と不具合について

スマホ修理依頼には、様々な内容があります。
そもそも修理が必要かも含め、修理依頼の内容とその不具合を確認しましょう。
まず、ダントツに多いのがガラス割れ・液晶破損です。
液晶破損は、画面が映らなくなった、タッチが効かないなど他の不具合が発生する原因にもなります。
次いで、水没、水濡れ故障です。
軽度の場合は、その後も使用できる場合もありますが、完全水没や、内部まで水が入ってしまった場合は、最悪の場合、復旧ができずデータ損失となることもあります。
その他にも、各種ボタン、カメラ、コネクター、イヤホンジャック、マイク、スピーカー等の修理、故障があります。
充電ができない、バッテリーの減りが早い、突然電源が落ちるなどの日常に支障をきたすものもあるため、症状がある場合は早めに修理相談をした方がよいでしょう。

正規店と非正規店、修理はどこに頼む?

スマホの修理依頼は、正規店と非正規店どちらでも可能ですが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分が何を優先するかを決めてから、修理先を選択できるようにしましょう。
まず、正規店では、故障したスマホのデータは必ず初期化で消去されます。
故障した部分を突き止めるために、初期化をして直るかを1番に行うためです。
そのため、端末自体は直ったものの、データは全て消えてしまったということもあります。
この初期化には、データ流出を避ける狙いもあることから、LINEなどのアプリも全て初期化されます。
逆に、非正規店では、正規店に比べ、待ち時間も短く、費用も抑えられる場合があります。
正規店のように初期化されたくない場合、非正規店にお願いすればデータを残すように修理してくれます。
しかし、その場合、データが流出する恐れがあることもしっかり覚えておきましょう。